カテゴリ:4年生

2月18日(月)

4年1組 遠隔合同授業 社会科『特色ある地いきと人々のくらし』

 今日は、5校時に、本校4年1組と田野小学校4年生が繋いで遠隔合同授業を行いました。四国中央市の紙製品と今治市のタオル産業について調べたことをそれぞれパワーポイントで発表し合いました。発表を聞いて、産業の良さや携わる人々の思いについて、個人、ペア、全体で話し合い、まとめました。授業後には、子どもたちのプレゼンテーション力や批判的思考力を高めるための効果的な指導法について、2校合同で研修を深めました。

 

2月15日(金)

4年1組 遠隔合同授業 社会科『特色ある地いきと人々のくらし』

 今日の1校時に、4年1組は、遠隔合同授業を田野小学校と繋いで行いました。「松山城」について丹原小学校が、「道後温泉」について田野小学校が、それぞれ調べたことをパワーポイントで発表し合いました。「歴史や文化を大切にし、工夫してPRしている松山市」とキャッチフレーズで表現していました。

2月14日(木)

4年生 総合的な学習の時間『10年後の自分』

 4年生は、6校時にパソコン室で総合的な学習の時間の学習をしていました。『10年後の自分』がどんな職業に就きたいか、そのためにどうしたらいいか・・・等を調べて、パワーポイントの原稿を作っていました。どの子もパソコンに向かって、手際よく作業をしていました。

 

2月12日(火)

4年道徳科 『けいたい電話の落としあな』研究授業

 今日は、4年2組の道徳科の研究授業がありました。自分の欲しいものの必要性について考え、自分を見つめ直すことで、自ら考え、節度ある行動をしようとする態度を育てることをねらいとしました。ワークシートが工夫されており、「欲しいぞメータ」があって、学習の前半、後半で、自分の気持ちを見つめ直すことができる授業でした。じっくり落ち着いた雰囲気の中で、自分をしっかり見つめ直していました。

 

 

10月22日(月)

福祉体験学習(4年)

 今日は、午後から、社会福祉協議会の方をお招きして、4年生が「車いす体験」と「高齢者疑似体験」学習を行いました。実際に車いすに乗ったり、車いすを押してみたりしました。段差のあるところや後ろに下がるときはどの子も不安そうな顔をしていました。高齢者疑似体験では、視界が狭くなったり、手足が思うように動かなかったりと、不自由さを体験しました。お年寄りや身体の不自由な人に自然に優しくできる子どもに育ってほしいです。