H30丹原小学校日記

12月12日(火)

アサガオのつるで「クリスマスリース」づくり

 1年生は、種とりが終わったアサガオのつるで、今年も「クリスマスリース」を作りました。楽しくサンタさんやクリスマスを待ちわびる話をしながら、グルーガンを上手に使って作りましたにっこり。どの子もにこにこ顔でした。「お姉ちゃんが1年生のときに作ったリースをもう飾っとんよ。今年は2つ飾れる。」・・・と嬉しそうに話している子もいました。

 

12月11日(火)

2学期 最後のクラブ活動

   今日は、2学期最後のクラブ活動でした。屋外クラブの人にとっては、あいにくのお天気小雨となりましたが、どのクラブも、異学年で和気あいあいグループと楽しく活動していました。茶道クラブ、華道クラブを担当してくださっている外部講師の先生方、2学期も大変お世話になりました。

12月10日(月)

働く時間

    めっきり寒くなりました。今日も、「働く時間」(清掃時間)には、外掃除や靴箱掃除、トイレ掃除等、寒い中、一生懸命取り組む子どもたちの姿がありました。1階の廊下掃除も頑張っています。どの場所も『おそうじだいすき・・・まってっしょうけんめいみずみまでちんとかたづけ』を守って、大変静かに掃除できています。

 

12月9日(日)

差別をなくする市民の集い

12月9日(日)午後、西条市総合文化会館で差別をなくする市民の集いがあり、市内小・中・高校生の人権標語や人権ポスター、公民館サークルによる絵手紙等の展示とともに、人権啓発劇「約束」が上演されました。

劇では、今、幸せに暮らしている家族が、かつてそれぞれの立場で結婚差別と向き合い、闘い、解消した様子が演じられました。差別を受けた心の痛み、理解してもらえないもどかしさ、自分の愚かさに気づいたときの心情が手に取るように伝わってきて、とても涙なしには観ることができませんでした。最後に、会場の皆とともに部落差別の解消を約束しました。

 

 

 

12月9日(日)

「障害者週間」記念標語優秀作品表彰

 

12月3日~12月9日までは「障害者週間」です。

今日、市役所で、「障害者週間」記念標語優秀作品表彰式典が行われました。

式典では、市内小学校25校の5,6年生が作った標語の中から、選考された作品の表彰があり、

自校の5年生児童が市長表彰「優秀賞」を受賞しました。

表彰された標語は、どれも思いやりと優しさにあふれ、ボランティアに積極的に参加していこうとする

意欲がうかがえました。子どもたちの思いは、障がいを持つ方々を大いに勇気づけました。頼もしい子

どもたちが育っていることを感じます。