R1丹原小学校日記

玄関の菊

 先月から、玄関の菊がきれいに咲いています。これは、園芸委員会が本校の校長先生を務められて、近所に

住まれている、越智恒一先生のご指導を受けて栽培しています。

 越智先生が度々お手入れをしてくださり、園芸委員会が水やりをしてこんなにきれいに咲きました。学校へ

お越しの節は、ぜひご覧ください。

 

縦割班活動

 昼休みに、縦割班活動を実施しました。各学年2~4人が班を作って、低学年から高学年まで一緒になって

遊べるものを計画して実行しました。ドッジボールやドッジビー、だるまさんが転んだ、鬼ごっこなどをやり、

みんなで楽しく遊んでいました。

 子どもたちは寒い中、とても元気に遊んでいました。縦割班活動は、2か月に一回ぐらい実施します。

平成3年度卒業生から寄付

 平成3年度に本校を卒業した方が、42歳のお祝いの記念に寄付金を持ってきてくれました。42歳は俗に

「厄年」と呼ばれ、厄払いをして人生の健康と安全を願い、お祝いをする風習があります。その一環として、

卒業生の方から毎年寄付をいただきます。今年は3年生の永井君のお父さんがお持ちくださいました。

 この寄付で、運動会の優勝旗を新しく購入させていただきたいと思います。平成3年度卒業生の皆様、

たいへんありがとうございました。

6年生・給食訪問

 丹原給食センター栄養士の今井先生が、6年1組に「給食訪問」に来てくれました。今日は食事をしながら、

「噛むことの大切さ」について教えてくれました。

 よく噛むとたくさん体にいいことがあるんですね。これからは「一口で30回噛む」ことを目指しましょう。

みんなしっかりと聞いていました。今井先生、ありがとうございました。

人権・同和教育校内研修会

 5時間目に、人権対策協議会の方と丹原東中校区の保育園・小・中学校の先生方、丹原高校の先生、公民館長

さんを招いて、2年2組に道徳の焦点授業をしてもらって「人権・同和教育校内研修会」を実施しました。

 子どもたちは、授業が始まってしばらくの間は緊張していましたが、その内に少しずつ慣れてきて、活発に意見

が出るようになりました。ペアでの意見の述べ合いやロールプレイ(役割演技)など、一生懸命取り組みました。

 

 授業後は図書室で研究協議を行いました。授業について、たくさんのご意見をいただきました。

 ここでいただいたたくさんのご意見やご指導を、今後に生かしていきたいと考えます。お忙しい中おいでて

くださった皆様、たいへんありがとうございました。