H30丹原小学校日記

10月5日(金)

アサガオ

 今年度何回目のアサガオ避難になるでしょうか。台風に備えて、今日も下校前にアサガオを教室横廊下へ運びました。まだ花が咲いたり、種ができたりしている人もいます。先日は、生活科の時間に「種の数」を数えました。5月にまいた5粒の種から、273個の種ができた子もいました。10のかたまりを作って数える、算数科の勉強もできました。つるが十分枯れた後は、クリスマスリース作りに使う予定ですにっこり

10月4日(木)

5年生学年発表集会『自然の家の思い出』

 今日のせんだんタイムは、5年生の発表でした。8月31日、9月1日、2日に行った大三島自然の家での思い出を発表しました。主な活動内容と学んだことについて、ジェスチャーをしたり、歌を歌ったりしながら、分かりやすく発表しました。「前から行ってみたかったけど、発表を見てその思いが強くなった。」「自然の家に行って、みんなで協力することの大切さを学んだ。」等の感想発表が出ました。

 

10月3日(水)

「学びあい学習」公開授業研究会

 今日は、午後から「学びの共同体研究会」稲葉先生をお招きして、「学びあい学習」授業研究会を行いました。全学級公開授業のあと、3年1組の算数科の焦点授業がありました。ジョイント棒を使って、いろいろな三角形を作り、辺の長さに着目して正三角形、二等辺三角形、その他の三角形に分類する学習でした。どの子も生き生きと集中して、楽しく学習しました。

5年生の社会科見学

 

くらしをささえる工業について学習している5年生は、今日、丹原町の「髙橋工業」へ見学に行きました。

工場を見学させていただいたり、お話をうかがったりして、

教科書では分からないことを、たくさん教えていただきました。

1000分の1ミリメートルの世界を見せてもらったり、製品の検査を教えてもらったりしました。

「これからの世界を作るために、その部品を作っている。そういう、前向きな気持ちで、ものづくりをしています。」

「華やかなものはあるけど、それを作るためには、部品がないとできない。部品には、それぞれ役割がある。そのひとつひとつの命としての部品を作っているんです。」

熱い思いを、たくさん話していただきました。

将来、ものづくりをしてみたいと思った人も、少なくなかったのではないでしょうか。

髙橋工業のみなさん、ありがとうございました!

10月1日(月)

 

衣替え

 今日から10月がスタートしました。子どもたちは標準服登校になりました。台風が去り、今日の空はきれいな青空でした。ちょうど全校児童で読んでいる9月の詩『秋の青空』が浮かんできました。いわし雲、ひつじ雲、ヒコーキ雲・・・1年生も詩を読むおかげで、雲に興味をもっています。「先生、ひつじ雲見つけたよ。」「ヒコーキ雲が1本のびてたよ。」と楽しそうに話してくれました。 

 昼休みも思い思いに遊んでいました。