R1丹原小学校日記

1年生・秋のフェスティバル

 3時間目に1年生が、体育館で「秋のフェスティバル」を開催しました。これは保育所の年長組の子どもを

招いて、3~4人ずつの班に分かれて先日集めたドングリなどでゲームを作り、一緒に遊んだりプレゼントを

あげたりして交流するものです。今日は丹原保育所、西山認定子ども園、中川桜保育所から来てくれました。

 始めに向かい合って挨拶をした後、説明がありました。

 続いて班に分かれてお店を開き、そこへ年長組さんが訪問して遊びました。

 これは生活科の、お店を経営する勉強の一つになります。1年生も年長組さんも、とても楽しそうでした。

年長組と保護者の皆さん、寒くて天気が悪い中おいでてくださり、ありがとうございました。

2年生・ベネッセテスト

 2・3時間目に2年生で、ベネッセテストを実施しました。これは現時点でどれぐらいの学力が身に付いて

いるかを見る目安になります。他学年は明日実施しますが、2年生は遠隔合同授業のため今日になりました。

<2年1組>

<2年2組>

 みんなとても真剣に取り組んでいました。小学校では国語と算数の2教科を受けますが、いつものテストと違っ

て難しいようです。結果は3学期半ばに返ってくるそうです。

丹原東中・新制服展示

 昨日から、職員室前の廊下に丹原東中の新しい制服が展示されています。丹原東中では平成28年度の生徒

総会で、今まで学習したことを踏まえて、生徒から「誰でも着やすい制服にしよう」と提案があり、賛成多数

で制服を変えることが決まりました。それから3年の間、生徒と教職員・保護者等が話し合いを重ね、来年度

から新しい制服になることが決まりました。大きな特徴は、スラックスとスカートが選べることです。上着は

ブレザーになり、A体とY体から選べます。今までのセーラー服では、寒くても下に着込むことが難しかった

ですが、新制服はベストやセーターも注文できます。ポロシャツは、小学校で着たのものがそのまま使えます。

 下がその写真です。左から、「ブレザー・スラックス」、「ブレザー・スカート」、「セーター・スラックス」

の組み合わせの例です。夏は、半袖ポロシャツとスラックスまたはスカートの組み合わせになります。

 制服展示の横に、下の詳しい説明が添えてあります。ブレザーは全員共通なので、お下がりが使えますね。

 福岡市でも市全体で検討して、来年度から市立中学のほとんど(69校中65校)で新しい制服が採用され、

スラックスとスカートが選べるようになります。全国の高校でも、既に同様に選択できる学校が増えています。

季節や体調、自分の好み等で制服を選んで着られることは、とてもすばらしいことですね。

※ この新制服の展示は、今週いっぱい(金曜日の夕方)まで行っていますので、ぜひ見に来てください。

茶道クラブ

 第4火曜日の6時間目は、クラブ活動の時間です。今日は茶道クラブの先生にお招きをいただき、1組の教室

お邪魔しました。4年生と6年生のクラブ員7名が、熱心に活動していました。

 講師の柳瀬先生は、国安からおいでてくださっています。とても丁寧にご指導くださり、子どもたちはお手前

作法がかなり上達している感じがしました。私も試しに、初めてお茶を点てさせてもらいましたが、子どもたちの

点てた方が美味しかったです。お招きくださり、ありがとうございました。

5年生・社会科見学

 2・3時間目に、5年生が久妙寺の入り口にある高橋工業へ社会科見学に行きました。高橋工業は、映画に

もなった小惑星探査機「はやぶさ」の、試料を採取するカプセルを作ったことで有名になりました。高橋工業

は金属の塊から、複雑な形のものを削り出す技術で、日本のトップを争っている素晴らしい会社です。

下の写真が、削り出した製品の例です。コンピュータを搭載した切削器で正確に削れるそうです。

 始めに5年生の代表が挨拶をして、社長さんから会社についての説明がありました。

 

 

 続いて4つの班に分かれて工場の中を見学し、それぞれの場所で詳しく説明を受けました。

 IC旋盤という切削機械や測定装置が、1台5千万円を超えるものがあるのには驚きました。製品は顕微鏡を

使って目で検査した後、0.001mmの単位まで正確に測定して出荷しているそうです。日本の町工場の技術力には

目を見張るものがありますね。地元の丹原に、このような企業があることを誇りに思います。高橋工業の社長

さんを始め従業員の皆様、お忙しい中社会科見学を受け入れてくださりありがとうございました。